会員生協の紹介

地域購買生協

食品をはじめ、安心・安全な商品を組合員へお届けすることが地域購買生協の大きな役割です。
山口県内では2つの地域購買生協があります。供給高225.5億円、組合員数21万7千世帯(2016年度)

共済生協

共済生協は相互扶助の精神を最大限に生かし、安い掛金でだれでも加入しやすく、本当に必要な時に保障が受けられる共済制度を担い続けています。組合員数49.4万人、出資金額54.3億円(2016年度)

学校生協・職域生協

学校の教職員を対象にした学校生協は県内で一番早く設立されました。職場単位での生協組織である職域生協は、そこで働く社員や職員の福利厚生施設としての役割を担っています。組合員数12800人、9億4千万円の供給高(2016年度)

医療生協・福祉生協

「安心して、納得のいく医療を受けたい」「地域とのつながりで福祉健康を守りたい」との願いから、組合員みずからの手でつくりあげてきたのが医療生協・福祉生協です。組合員数2万人、事業高34億4千万円(2016年度)

大学生協

大学内の学生・教職員の勉学・教育・研究から、日常生活・食生活など大学生活のあらゆる場面でサポートする多彩な事業や活動をしています。山口県内では4つの大学生協があります。組合員数1万4千人、事業高は18億2千万円(2016年度)