データ

会員生協の状況

山口県生協連の会員生協トータルの組合員数・出資金・事業高を示したものです。なお、グラフは、2012~2016年度の5年間を対象に2012年度を100としてその推移を全国の生協と比較したものです。

①組合員数

2016年度の県内組合員数は761,878人で、昨年度に比べ1545人減少しました。しかし、13生協中8生協が昨年度に比べ増加し、3年間連続して組合員数が増えている生協は、コープやまぐち・岩国市消費生協・医療生協健文会・下関市立大学生協・梅光学院大学生協及び福祉生協さんコープとなりました。

 

 

 ②組合員出資金

出資金総額は増加しました(前年度対比103%)。7生協が過去3年間で毎年出資金額が増えています。組合員1人当たりの出資金は20,477円まで増加しました。また、1人当たりの出資額多い順番で見るとグリーンコープやまぐちの70,841円をはじめ、コープやまぐちの39,122円・医療生協健文会32,909円と続きます。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

③事業高

事業高は、2016年度392億1127万円と減少傾向に歯止めがかかっています。そんな中、医療生協健文会・福祉生協さんコープ・グリーンコープやまぐち・下関市立大学生協及び梅光学院大学生協は、着実に進捗を続けています。少子高齢化のなかで、各生協の更なる事業展開が期待されます。