データ

会員生協の状況

山口県生協連の会員生協トータルの組合員数・出資金・事業高を示したものです。なお、グラフは、2013~2017年度の5年間を対象に2013年度を100としてその推移を全国の生協と比較したものです。

 ①県連会員生協の組合員総数は、2017年度末761,321人で、組合員数昨年度に比べ2,102人減少しました。13生協中10生協は昨年度より増加しました。東ソー生協は減少に歯止めがかかりましたが、共済生協と学校生協の減少傾向は続いています。また、9生協は3年間連続して組合員数が増えています。(コープやまぐち・グリーンコープやまぐち・岩国市消費生協・医療生協健文会・福祉生協さんコープ・山口大学生協・水産大学校生協・下関市立大学生協・梅光学院大学生協)

 

 ②県連会員生協の出資金総額は、2017年度末16,059,216千円で、昨年度に比べ4億5,700万円、前年比6%の増加となりました。11の生協が前年より増加し、そのうち9生協は過去3年間、毎年出資金額が増えています。組合員一人当たりの出資金も2万1,000円を超え、21,094円まで増加しました。一人当たりの出資額は、グリーンコープやまぐちが7万円超と群を抜いて高く、その他は3万円台が2生協、2万円台が2生協、1万円台が4生協、1万円未満が4生協となっています。

 組合員出資金額 1人当たり出資金額

 

 

 

 

 

 

 

  ③会員生協の総事業高は、2017年度387億4,040万円で、前年と比べて4億7,000万円減少(前年比98.8%)しました。2年連続前年を超過していたコープやまぐち、山口大学生協、医療生協健文会が前年を下回り、下関市立大学生協、山口県民生協は16年度の伸長を維持できず、山口県学校生協、岩国市消費生協、山口県共済生協は減少傾向に歯止めがかかりませんでした。そんな中、梅光学院大学生協は、約1.5倍の伸長で、福祉生協さんコープ、水産大学校生協も前年から5%以上の伸長をしていますし、グリーンコープやまぐちも3年連続前年超過となっています。

 総事業高