会員生協の紹介

下関市立大学生活協同組合

代表者 理事長 高橋 和幸
設 立 1987年12月28日

「学生の学びと成長に貢献できる生協」をめざして

下関市立大学の学生・院生と教職員が組合員となっています。キャンパスの福利厚生を担うことはもちろん、最近では学生組合員一人ひとりの学びや成長、その前提ともなる健康で安心な食の提供を重点に、さまざまな事業をすすめています。

ショップでは教科書、書籍、雑誌、文具、パソコンからパン、弁当、飲料、お菓子、日用品まで、キャンパスの必需品を一通り揃えて、毎日約700名の学生、教職員に利用いただいています。

最近では、学生の学びの支援にとくに力を入れ、生協オリジナルのキャリア支援講座やパソコン講習会、英語講座等に取り組んでいます。

食堂では学生の健康で安全な食生活をサポートしています。朝食から夕食まで、毎日700名前後の組合員に利用をいただいています。ミールカード(1日=1200円を上限に、1年間食堂を利用できる食事の定期券)の利用者もさらに増え、栄養価、カロリー数などを含めた食事履歴の送付は、保護者の方にもたいへん喜ばれています。

〒751-0831下関市大学町2丁目1-1
TEL:083-252-7272 FAX:083-253-3251 http://omise.seikyou.jp/shimonoseki/