活動内容4

会員生協の運営や経営の健全化を図るための活動

(1)会員生協役職員を対象にした県連主催の学習会を開催しています。

日 時:2017年1月26日(木)  13:00~14:30安田先生

会 場:労福協会館4階ホール

演 題:「ユニセフが支援する子どもたちの実情と私たちができる国際協力」

講 師:近畿大学社会連携推進センター教授 安田直史氏

(元ユニセフ国連職員、医学博士)

参加者:会員生協役職員、山口県、一般企業、NPO法人からの105名。

 大阪で外科医として働いてこられた安田先生は、2005年から2016年までユニセフの国連職員としてアジア・アフリカの多くの国で支援に従事してこられました。

講演では、自らのユニセフ活動について①人道援助の原則に徹し②子どもの権利条約に基づいた人権の尊重を念頭に③結果に基づいたプロセスを大切にして取り組んでこられたこと。そして多くの人々は貧しい環境下の子どもをみれば、かわいそうという気持ちになるが、憐みの気持ちだけでなく、だれもが生きる、育つ、などの権利を持っており、その権利を全うできるようにする義務を私たちや政府・国際社会は負っているとの認識を持つ必要があるとのお話を聞くことができました。

また先生の豊富な現場経験から、医薬品、水と衛生といった緊急性の高い援助、子どもたちの遊びや教育などの場づくりといった長期的な支援など、具体的な現地でのユニセフ活動についても詳細をお聞きすることができました。新生児や5才までの死亡率を減らすことを目標としていること、またそのためには単に平均値評価ではなく、その地域内や国内の格差を減らす対策が大事だとのことでした。

まとめとして、私たち日本ができる国際協力は、広義では募金だけでなく奨学金、投資、研究、技術開発、政策など、さまざまな形があるが、個人レベルではユニセフ活動参加は有効であり、日本人、とりわけ今後グローバルな時代を生きる子どもたちには、世界は日本のような先進国だけではないことを知ってほしい。そして一人ひとりがどのような国際協力ができるかを考えて欲しいと述べられました。先生ご自身も、世界の状況を多くの人に知っていただくことへの手伝いを今後とも続けていきたいとのことでした。

 

(2)日本生協連と協同して、監事監査の水準を引き上げるねらいで、第6回監事・監事スタッフ研修会を開催しました。

この研修会は今年度で6回目となります。昨年度は、実践編として「年間時系列による監事監査ポイント」について学び、参加者アンケートでは参加者全員が満足された内容でした。今年度は、監事の職務について再確認するとともに、年度末も控え「会計監査・期末監査と監査報告書作成のポイント」について学ぶこととしました。

日 時 2017年2月17日 13時~16時

会 場 「はぁもにぃ~♪」

テーマ 「会計監査・期末監査と監査報告書作成のポイント」     

講 師 日本生協連 総合運営本部 法規会計支援部  岡坂 充容 氏

                   法規会計支援部長 宮部 好広 氏

参加者は会員4生協の役職員9名。

《研修会の目的》

  1. 会計監査は、理事の報告義務(決算関係書類の適法性・適正性)の履行状況の監査と捉えることができますが、会計監査の捉え方、監査のポイントについて学びます。
  2. 主要な監査の方法の考え方を学ぶとともに、具体的な実践展開について事例紹介等を通じてヒントを得、自生協の監査に活かします。

日生協 岡坂氏




初めに、岡坂氏より、(1)判例から見る監事(監査役)の法的責任として、釧路市民生協の組合債をめぐる損害賠償請求訴訟(法的責任を問われた事例)、ニイウスコー損害賠償請求(法的責任を問われなかった事例)を説明され、ご自分の監事スタッフとしての経験も含め(2)監事の見える化の大切さについて説明された。(監事に対しての声、監査の職務の不理解など⇒一つ一つの活動を通じ、理解を深めることが大切)

参加者からは「時期を得たテーマで、事例も多くよくわかりました。監査報告書の記載事項も参考になりました。「見える化の話は納得のいく話でした。」などの感想がありました。

 

(3)定例理事会を会員生協で開催することで、会員生協の相互理解と情報交流の場としました。

10月12日理事会⇒福祉生協さんコープ:ここハウス湯田<山口市>

今回は、福祉生活協同組合さんコープとコープやまぐちの連携で福祉事業を展開しているサービス付き高齢者向け住宅「ここハウス湯田」で開催しました。施設長の案内で施設内とデイサービスの見学をし、吉崎理事長から福祉生活協同組合さんコープのあゆみと概要、運営組織と事業内容、コープやまぐちとの事業連携について、今後の事業課題について説明をしていただきました。藤村専務理事からはここハウス湯田の概要をパワーポイントで説明していただきました。

 

(4)食品のリスクを考えるサイエンスカフェの開催

第1回

テーマ 「輸入食品の安全性について」サイエンスカフェ1

日 時  2016年8月24日 10時~12時
場 所  コミュニティセンターはあもにぃ~
主 催  山口県消費者団体連絡協議会
     山口県生活協同組合連合会
     やまぐち食の安心・安全推進協議会

参加人数 56名

情報提供として、厚生労働省福岡検疫所 食品監視課長 後藤成生氏が 「輸入食品の安全性の確保について」と題して 輸入食品の現状と輸入食品の監視体制を説明されました。説明の後、グループワークを行い 説明に対する意見、質問をカードに記入し後藤氏より回答していただきました。

  第2回

日 時  2016年11月29日(火)10時~12時2サイエンスカフェ
場 所  ここと宇部店 組合員集会室あい愛館
講 師  山口県環境生活部生活衛生課 主査 坂本 聡氏

テーマと内 容「食中毒の予防について」

・食中毒の発生状況(全国・山口県)
・最近の食に関する話題(肉フェスでカンピロバクター、冷凍メンチカツでO157など)
・自然毒による食中毒(ふぐなど)
・食中毒の原因となる主な細菌
・細菌性食中毒の予防(つけない、増やさない、やっつける)
・食中毒の原因となる主なウイルス(ノロウイルス)
・ノロウイルス食中毒の予防(手洗いが大切)

 参加者22名

坂本氏から、食中毒の予防について体験をまじえて分かりやすくお話いただきました。
特に今から流行るノロウイルスについては対処法を詳しく知る事ができ参加者からもすぐに実践したいと好評でした。洗いの徹底は本当に効果的で二度洗いすることがいいそうです。 質問もたくさん出ましたし、意見交換もとても充実していました。

 

 

⇒活動内容目次へ戻る