活動内容3

会員生協間および友誼団体等の連帯・交流・協同の推進

(1)2016年11月6日(日曜日) 13:30~15:30 「ボウリングの森」にて 山口県生協連主催 第13回役職員親睦ボウリング大会を開催しました。

毎年恒例の大会で、会員生協間の交流と親睦を目的に開催しています。会員生協の役職員とその家族58名と多くのご参加をいただきました。大人も子供も心と体をリフレッシュし、楽しい時間を過ごしながらスポーツの秋を満喫しました。

(2)労福協の構成団体の一員として労福協が主催する行事や委員会へ積極的に参加しました。

・「福祉メーデー山口県集会」へ県連からも参加しました。
山口県労働者福祉協議会は2016年度労働者福祉強化月間の主要行事として、11月7日(火) 10:00から「労福協会館」にて、「第38回福祉メーデー山口県集会」を開催しました。
メインスローガンは
「連帯・協同で安心・共生の福祉社会をつくろう!」各地区労福協、連合山口、県高退連合、事業団体から約60名が出席。
基調報告では(1)山口県労福協「平成29年度の対県要請について」、(2)中国労金「家計の見直し運動集中取り組みと家庭応援キャンペーンについて」、(3)全労済「自然災害への備え(つぎにそなえる!)について」、(4)生協連からは、ユニセフ協会設立準備室の水津さんより「県ユニセフ協会設立に向けて」をテーマに報告していただきました。

 (3)会員生協・関係団体が主催、共催する組合員対象の行事やイベント、講座などの開催については、後援・広報などの支援を行いました。

今年度は、会員生協の医療生協健文会「第3回健康づくり交流会」「コープやまぐち生協まつり」県消団連「山口県消費者大会」の後援をし、会員生協へ広報などの支援を行いました。

 

 







(4)友誼団体や、県行政が設置する各種委員会等の委員を引き受け、消費者の代表、生協陣営の代表として会議等に参加し、生協の考え方を伝えました。

県行政

  • 山口県消費生活審議会委員::有吉会長理事
  • 山口県食の安心・安全推進協議会:岩崎理事
  • 山口県労働福祉協議会理事:有吉会長理事、吉崎理事

友誼団体

  ・NPO法人消費者ネットやまぐち理事: 吉崎理事、岩崎理事
     ・山口県労福協政策委員 :吉崎理事

 

 

⇒活動内容目次へ戻る