活動内容2

 会員生協の経営安定化を図るため、情報交換や連携などを強め、連合会としての役割発揮に努めています

 くらしや環境の変化が大きい中で、組合員ニーズの変化を的確にとらえ、生協としての事業と活動を進めていくことが今後ますます求められます。県連活動を通じて、会員生協の経営に少しでも貢献できるように研修会や学習会を開催しました。

(1)理事会運営では事業や運動についての情報交換や連携の強化を図っています。

理事会研修を梅光学院大学で実施

 理事会研修県連第1回理事会を下関にある梅光学院大学で開催しました。
梅光学院大学では、新校舎(CROSSLIGHT)が4月に竣工し、大学生協が運営するカフェレストラン(パーネディヴィータ)がオープンしました。
施設の概要や、カフェレストランのオープンまでの企画や運営についての経過を、学長と大学生協理事長が説明しました。

 

(2)会員生協の役職員向けの研修会を2回開催しました。

 1)第1回役職員研修会

日 時:2019年9月19日13:00~14:00
会 場:生活協同組合コープやまぐち第2会議室 参加人数:60名
講 師:山口大学経済学部教授 鍋山祥子氏
講演テーマ
    「高齢化する地域での暮らしはどう変わるのか?
          ~新しい生協の役割を模索する~

急速に進む高齢化。生協も様々な取り組みをおこなっていますが、山口県のことを周知されている鍋山先生に、超高齢社会を生き抜くために現役世代はどう働くのか、企業はどういうサービスができるのかということをポイントに話していただきました。

鍋山祥子氏

DSC04615

 

 

 2)第2回役職員研修会

 日 時    :2020年2月20日(木) 13:00~14:30
 場 所    :山口県労働者福祉会館
 参加人数 :65名(7会員生協の役職員)
 講 師    :日本生協連 政策企画室 炭谷 昇 氏
 演 題    :「日本の生協の2030ビジョン」と「第1期中期方針」

 今回の2030ビジョンと中期方針は、2018年ごろから調査されてきたことを整理し、まとめられてきた内容で、まだ最終段階ではありませんが、生協全体の方針として、各生協の計画、方針づくりに活かしてもらうための研修会としました。

図DSC04746

 

 (3)内部統制の強化、制度の確立のために監事と監事スタッフ研修を行っています。

 日 時:2020年1月24日 13時~16時
 会 場:コミュニティーセンタ-「はぁもにぃ~♪」
 テーマ:「監事監査の基本と期末監査のポ イント」
 講 師:日本生協連 総合マネジメント本部 法務部 
          宮部 好広 氏 、土屋 良一氏
参加者:3生協7名と事務局の合計8名

 この研修会は2019年度で9回目となります。この間の研修では監事の役割や監査内容や具体的な監査方法につて実施してきました。今回の研修では、年に1回しか研修を実施していないことから、生協運営に関する法改正等の情報提供と年度末監査に向けてあらためて監事監査の基本的な事項と期末監査の内容や方法についてのポイントについて学びました。

DSC04731DSC04736

 

 

⇒活動内容目次へ戻る