活動内容1

地域社会へ生活協同組合の考え方や取り組みを知らせ、理解と支援を広げる活動

(1)行政や各種団体等に、生協の活動や考え方、活動取り組みを紹介した情報を継続的に発信するとともに、生協に対する一層の理解や支持を広げていくための「広報活動」をすすめています。

  1. 県や市町・商工会議所等へ、生協運動を紹介した情報誌の配布を継続して進めています。
  2. 独自に作成した「やまぐちの生協」を作成し、行政・友誼団体・他県連や生協へ配布しています。

(2)対県要請では例年どおり山口県労働者福祉協議会とともに山口県へ「消費者行政の充実」「食の安心・安全」「環境政策」と「生協活動の理解と育成」などに関する要請を毎年秋に実施しています。

<主な要請内容>
①消費者行政について

  • 県及び市町における消費者行政のための自主予算の確保
  • 高齢者の消費者被害防止サポートの充実と地域のつながりづくりについて
  • 市町における消費生活相談体制の強化
  • 山口県消費者基本計画に基づく地域における消費者教育の推進状況、消費者教育推進計画の早期策定に向けての要請

②食の安全・安心と防災対応

  • 県民の食の安全に関するリスクコミュニケーションの充実
  • 食中毒、各種食品検査結果等の情報の迅速な提供
  • 自然災害(南海トラフ地震・豪雨等)への防災対応や緊急時避難対策などの施策の進捗状況

③環境対策について

  • レジ袋等容器包装廃棄物の削減運動の強化の継続
  • 県内温室効果ガスの排出状況等の情報提供や削減自主目標や県民の参画で削減する政策提言と施策

④生協活動への理解と育成についての要請

  • 生協活動への財政支援について例年並みの支援額を要請
  • 消費生活協同組合向けの設備資金、運転資金の融資制度の継続

(3)生協と行政が連携してより良い地域づくりに向けて活動することを目的に1986年香川県でスタートした「中四国生協・行政合同会議」へは、会員生協と山口県行政と一緒に積極的に参加しています。

(4)中四国農政局山口県拠点(旧山口県地域センター)主催による学習会や交流会に積極的に参加し、消費者団体の1つとして、生産者団体と「食」通じて交流を深めています

 

⇒活動内容目次へ戻る