活動内容2

 会員生協経営へのお役立ちのための情報交換や事業、活動での会員間や他団体との協力、連携への支援

(1)学習会・研修会の開催

山口県生協連では、会員生協の役職員を対象に年2回(1回は運動的な内容、もう1回は業務的な内容)の役職員研修会と年1回の監事・監事スタッフを対象にした研修会を実施しています。

生協連役職員研修会を開催

1)IOT.AI等のデジタル推進研修会IMG_4605

日 時:2021年10月21日(木)13:00~14:30
会 場:生活協同組合コープやまぐち第2会議室 
参加者数:68名
演 題:「5GやAI、IOT等未来技術の導入・利活用の促進について~
     産業戦略部の取り組みを中心に~」
講 師:山口県産業戦略部地域産業高度化推進室 地域中核企業創出・
    支援カンファレンスチーム  主査  先本亮一氏
    西日本電信電話株式会社 エンタープライズビジネス営業部法人営業部門
    法人営業推進担当 流通チーム  主査  亀野博司氏 
概 要:コロナ禍で急速に進んでいるデジタル化を山口県はどういう政策・施策ですすめていこうとしているのか、また、民間でのIOT.AI等の利活用の事例等を学び、県内生協での経営 に生かすことを目的に開催しました。

2)憲法についての研修会 

日 時:2022年2月17日(木) 13:00~14:30
会 場:生活協同組合コープやまぐち第2会議室 
参加者数:70名
演 題:「日本国憲法と改正論議について」
講 師:日本生活協同組合連合会 組織推進本部
    社会・地域活動推進部 組合員活動グループ
    百瀬紋乃 氏 
概 要:国政において憲法改正についての論議が幾度となく浮沈していることから、あらためて憲法とは何か、現憲法の成立過程と内容、特徴、改正の手続き、改正の主な論点、関係する国会情勢などについて客観的な立場で考えるための基礎を学びました。

(2)内部統制の強化、制度の確立のために監事と監事スタッフ研修を行っています。

  この研修会は生協のコンプライアンスとガバナンスの強化のための役割をになう監事と監事スタッフのために役割や監査内容や具体的な監査方法につて実施しています。また、その年に実施された生協運営に関係する法改正等の情報提供と対応について学んでいます。
 新型コロナウイルス感染防止のためにオンライン参加と併用で開催しました。

日 時:2022年1月21日(金) 13時~16時DSC04736
会 場:コミュニティーセンタ-「はーもにぃ~♪」
テーマ:「関係法令改正への対応、監事監査のポ イント」
講 師:日本生協連総合マネジメント本部 法務部 宮部 好広 氏 
参加者:4生協7名
概 要:前半は生協運営に関係する法律等の改正内容と対応について解説をしていただき、後半は期末監査 を実施する上でのポイントをあらためて学びました。最後に参加者からの質問と交流をおこない、研修会を終了しました。

(3)理事会等での視察研修の実施

理事会では毎年度会員生協を直接訪問して事業や活動の状況について視察学習する機会を設けています。理事研修会
今年度はコロナウイルス感染症の影響を受けて実施できませんでしたが、県内外の生協連や生協、民間の企業・団体等の先進的な事例を学ぶための視察研修も例年実施しています。

 

 

 

⇒活動内容目次へ戻る