徳島県「板野町消費生活地域協議会」視察研修

徳島県「板野町消費生活地域協議会」視察研修に行ってきました

山口県内の各市町での「消費者安全確保地域協議会(地域見守りネットワーク)」の設置推進と設置後の運用を学ぶため、2016年の消費者安全法改正で消費者安全確保地域協議会の設置が定められた際に、すぐに設置と運用を開始された「板野町消費生活地域協議会」へ視察に行ってきました。県内の消費者行政窓口から4名の方が参加されました。 板野町消費生活相談所は包括支援センター、社会福祉協議会が隣接されており、常時連絡が可能で立地条件がよく、以前から民生児童委員の方々等と連携が取れる体制にあり、その活動は全国的にもめずらしい事例であった。このことで消費者安全法の改正もあることから、先駆的なプログラムのモデル事業として進められたことがきっかけとなったそうです。設置の経緯としては、消費生活相談所を所管する役場産業課と協議しながら、相談所が要綱を作成、協議会の推進を図る。設置の際に各組織・各団体の連携を確保、より強いネットワークづくりに努めた。設置によって相談所の運用がむしろやりやすくなったようである。実際に視察し、話を聞くことによって板野町消費生活地域協議会や消費生活相談所の熱意を感じることができ、これからの設置推進を進めていく上でとても勉強になりました。

視察日程     2月2日(金)~2月3日(土)

視察研修場所  徳島県板野郡板野町役場 及び消費生活相談所

         国民生活センター分室 (徳島県庁内)

参加市町    山口県、岩国市、周南市、長門市

DSC03799   DSC03786

DSC03793

    DSC03804DSC03813